欲しいものはとにかく我慢する生活

私は専業主婦になって10年近くになります。しばらくは自分で働いて貯めたお金で欲しいものを買ったりしてましたが、貯金がなくなればもう買うこともできません。本当にお金に困ったときにはクレジットカードをで支払いをします。最近はすぐに作ることができるので、1枚は持っておくことをお勧めします。(即日発行クレジットカード

生活費、子供の習い事の月謝は最低の金額を毎月もらっています。最低の金額なので、1000円の出費は辛いのです。毎月、計算してお金を使うようにします。お金が余るということはほとんどないので、お金に困るときは、突然の出費です。

一番多いいのは、幼稚園ママたちとの、お茶代、ランチ代です。毎月もらっているお金で何とかしなくてはいけないので、私は月末にもらっているのですが、例えば、ランチの日が月末近いと、本当にお財布にお金がない時があります。お金がないからランチには行けないとは言えないので、いつも適当な理由を言って断ることが多いです。100円の重みを本当に感じます。

今月はこのくらい必要ですといったことを言わないといけないので、予定以外の出費は困ります。ママ友から、お土産、プレゼントを頂くことがあるのですが、これは私にはかなり迷惑なのです。お返しをしなくてはいけないので、こういったお付き合いも予定外の出費になり、お返しを買うためにお金を捻出しなくてはいけないので、こういった時は、真剣に節約をするのです。1000円あれば、2000円あればと、お金の重みを感じながら気苦労があります。

そして、次に困るのは自分に必要なものを買いたい時です。私にはお小遣いというお金は1円もありません。生活費の中で何とかできると思われているのと、主婦が食費や子供のもの以外に買い物する必要がないと思われているのです。子供の入学式、卒業式は、昔からの洋服を着るしかなく新しいものは買えません。洋服などは多少我慢できますが、下着とか化粧品となってくると消耗品でもあるので、困るのです。

なるべく生活費を500円でも余らせてコツコツ貯めておきます。1年も経つと、1万円前後になるので、その中で私が必要なもの、欲しいものを買ったりします。女性として、ちょっとおしゃれをしたい、化粧をしたいといった時は、お金がなく、我慢しています。最近は、女性ということを忘れるようにしてます。

私がお金に困る時は、交際費と自分の欲しいものを買う時です。単純に働けば問題は解決できそうですが、子供がまだ小さく外で働くことが難しいのが現状です。そして主人は、私が外で働くのを好ましくなく、協力的ではないのです。毎月、5000円でもお小遣いがあれば、私の生活は少しは楽になると思います。欲しいものは我慢できるので、お付き合いくらいのお金はいつも持っていたいです。

専業主婦になって、三食昼寝付きって言う人もいますが、簡単な行動が制限されて、お金も制限されて、自分がカゴの中の小鳥のように思えることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です